Google




2007年09月18日

診療放射線技師

診療放射線技師

医療への放射線活用を支える技術者

仕事内容X線中心に治療・検査を担当 放射線は、病気の診断・治療

において大きな役割を担っている。


診療放射線技師は、その医療への放射線活用を支える医療専門職で、

チーム医療の一員として、医師または歯科医師の指示のもとで検査や治療に従事する。

 担当する業務は、健康診断でおなじみのレントゲン撮影(X線撮影)をはじめとして、

ラジオアイソトープを用いる核医学検査、放射線によるがんなどの治療、放射線保健管理など。

なかでもコンピュータ断層撮影(CTスキャン)を含むX線診断の比重が大きい。

 このように、医学・工学の知識を要するが、実際の医療現場で検査を

スムーズかつ正確に行うには、患者の不安や苦痛への対応などが重要であり、

機械を扱うというよりも人間相手の仕事といえる。

posted by ayu at 09:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55893802

この記事へのトラックバック

【 核医学 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: 核医学に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-09-24 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。